床置きを撃退

リビングダイニングの片付けは、床がポイントです。床置きが増えると、片づかない→掃除しない→埃が溜まる→片づける気力がわかないという、悪循環に陥ります。無理なくしまえる収納法で片づけ、くつろげるリビングにしましょう。

キャスター付き収納ボックス
床置きは見た目の散らかりだけでなく、掃除がしにくくて困ります。散らばった物を拾い集めてから掃除に取り掛かると、気力も労力も2倍以上費やします。掃除のときだけでも散らかりを解消するために、キャスターつきの収納ボックスを用意しておき、散らかった物を拾いながら、移動させながら掃除機をかけます。フタつきのボックスなら、積み重ねができます。

棚+ボックス収納
子供の年齢や、部屋での過ごし方、床に座って食事をするなどの生活スタイルが関係し、床置きになりやすい事もあります。床置きの代表は、おもちゃ、ゲーム用品、読み物などの子供の持ち物です。読みかけの新聞や脱いだ上着など、親も床置きしていることがあります。置き去りを防ぐには、ザックリと入れるだけの収納ボックスと棚があると便利です。テーブル、ソファ、テレビ廻りなど散らかりやすい場所に置き、入れる物の種類別、持ち物の所有者別で分け、管理しやすくします。

壁フックに掛けて収納
床置きになりやすいタイミングは、帰宅したときです。カバン、買い物袋などを床にヒョイと置き、床に座る生活では、脱いだ服なども床置きになりがちです。壁掛けフックやメッシュパネルを使い、壁を定位置として用意します。買い物袋など、あとで中身を整理するという中継地点にもなります。そんな使い方を考えると、壁掛け収納は玄関や廊下など、移動する動線上に設置するのが効果的です。

Comments are closed.