スタディーコーナー

子どもが勉強するスペースは二階に設けた子ども部屋ではなく、家族が近くにいるリビングやダイニングです。そのため最近では子ども部屋に立派な学習机を購入するよりもリビングやダイニングの一角にスタディーコーナーを設ける家庭の方が増えています。スタディーコーナーがなければダイニングテーブルやローテーブルで勉強をしなければなりません。

食事やくつろぐスペースと勉強をするスペースが同じでは生活のメリハリも損なわれてします。そこで子どもが勉強しやすく、居心地のいいスタディーコーナーとなるようにしておきましょう。まずは空間のメリハリです。リビングやダイニングの一角に設けると、子どもが勉強をする際はテレビの音や家事の音を気にしなければなりません。そこでリビングとスタディーコーナーの境に程よい高さで区切った腰壁を設けて、気になる音や視線をカットできるようにしておくのもいいと思います。

プライベートな空間が高まり居心地の良さや勉強への集中力も高められるのです。床の高さを一段上げてスキップフロアにするのもいいでしょう。空間のメリハリをつけることで生活のメリハリも生まれてきます。勉強道具やランドセルを一時置きできるスペースをカウンター下や上部に設けておくと、勉強をしない時でもカウンターの上をスッキリと片付けられ生活感を感じさせません。リビングやダイニングの一角に設けるので、このような配慮があるといいと思います。

このような収納スペースがあることで、子どもが成長してスタディーコーナーとして使わなくなった時もママの裁縫スペースやパソコンスペースとしても利用しやすいです。きちんと必要なものを収納できることで用途の幅を広げてくれます。このようなスタディーコーナーを設けてみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.