長期優良住宅とは

長期優良住宅とは、住宅を長期にわたり使用することによって、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。
長期優良住宅と認定されるには7つの認定基準を満たさなければなりません。
7つの基準とはまず一つ目、劣化対策(耐久性)です。世代を超えて住み継がれるレベルの耐久性能が求められます。
二つ目は、住戸面積です。良好な居住水準を確保するために必要な規模を有することが求められます。
三つ目は、維持管理・更新の容易性です。メンテナンスやリフォームのしやすい家にしなければなりません。
四つ目は、居住環境です。地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものでなければならないのです。
五つ目は、省エネルギー性です。断熱性能など、一定の省エネルギー性が確保されている必要性があります。
六つ目は、耐震性です。大規模な地震に対して倒壊しにくい、またもしもの際も直しやすく、損傷が少なくて済む一定の耐震性が必要です。
最後に維持保全計画です。建築後の住宅維持保全の期間が30年以上です。
構造耐久上主要な部分、給配水管等について点々や仕様の予定時期が指定されたものであることが求められます。
これら7つの認定基準を満たすと、住宅に関する税金の優遇措置が取られます。
高品質で高性能な住まいを長く大切に使い、ライフスタイルは税制面からもバックアップされるので得られるメリットも多いのです。

コメントは受け付けていません。