リビング

リビングには様々な物を置きたいですが、収納家具をたくさん置きたくはありません。そこで、リビングの収納アイディアを考えてみました。
奥に長いタイプの収納スペースだと、物が取り出しにくく、ついつい詰め込んでしまう可能性もあります。出入り口を2つ設けてどちらからでも入るようにすると、収納の使い勝手は格段に良くなります。
リビングのテレビボードの後ろに壁を設け、両端に引き戸を作り回遊できる収納にします。奥が深くない棚を壁一面に設置し、その前は人が歩けるスペースがあるだけなので、それほどリビングのスペースも圧迫しないようにします。
家族共用の物や、リビングで使う物を収納するのは壁面収納と同じですが、リビングのインテリアの一つとして、常に見た目を考えなければならない壁面収納と違い、扉を閉めれば見えなくなるので、実用を第一に考えた収納にでき、家族も物が気楽に使えます。
来客時には、出ているものを入れて扉を閉めれば、スッキリとしたリビングにお客様をお招きできます。収納と兼用していないと、インテリアも映えるでしょう。
もしスペースが許すなら、玄関とリビングの間に、リビングから出入りできるバックステージのような収納空間を作り、ワイシャツやスーツ、ネクタイやハンカチなどの小物まで、すべて集めておきます。
家族用玄関で靴や傘、バッグなどを置き、このリビング収納で着替えを済ませてからリビングに入ります。出かけるときも、スムーズに支度が出来ます。
納戸のように何もかも詰め込む収納ではなく、家の中と外の間で、オンとオフの気持ちを切り替えるための空間として利用すれば、メリハリがあり、同時に気持ちもゆとりがある生活になるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。