コミュニケーションを大事にできる住まい

家で過ごす時間は、家族とのコミュニケーションを大事にしたいものです。そこで我が家は、自然とコミュケーションが生まれやすくなるような住まいを目指したのです。
まず取り入れたのがリビング階段です。今までは玄関近くに設けられていた階段をリビング内に設けるリビング階段が人気となっています。このリビング階段にすることで家族が集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋に行くことができません。このリビング階段でなければ、子ども達が帰宅して直接二階の自室へ行くことができます。そうすると親は子どもがいつ帰宅したのか分かりませんし、気づいたら外出していたということもあったのです。
リビング階段にすることでこのような状況を避けられます。リビングで顔を合わせる機会が自然と作り出され、顔を合わせることで親はちょっとした変化にも気づいてあげやすくなりますし、会話も生まれやすくなるのです。夜に親の前を堂々と通って外出しにくくもなるため、子どもの犯罪率を下げているというデータもあるほどです。
そして、リビングの一部分に吹き抜けを設けました。吹き抜けを設けることで縦の空間の繋がりが得られます。一階と二階で家族が別々に過ごしていても、互いの気配を身近に感じることができ安心感が得られますし、一階と二階で会話もしやすくなります。我が家は、この吹き抜けに面して二階のホールにファミリースペースを設けています。6帖ほどのゆったりとしたスペースなので、昼間はここで子ども達がおもちゃを広げて遊んでいます。夜は、寝る前の時間家族みんなでここでゲームやトランプをして遊んだり、カウンターを造りつけているので書斎スペースとして主人が利用することもあります。
二階にも家族で集えるスペースがあることでコミュニケーションが増えますし、縦の空間の繋がりがあることで住宅の一体感が得られて安心できてます。

コメントは受け付けていません。