吹き抜けのあるリビング

我が家のリビングの一部には吹き抜けを設けました。吹き抜けを設けるかどうかは非常に迷いました。メリットよりもデメリットが気になっていたからです。
吹き抜けを設けるメリットは、リビングに広さや明るさ、開放感をプラスしてくれます。吹き抜け部分の高い位置に設けられた窓から明るさをたっぷり取りこむことができますし、チェーンで開閉できる窓にしておけば風の通りも確保できます。二階にまで視線が繋がることで面積以上の広さを実感できますし、吹き抜けを通して一階と二階で会話もしやすいのです。
また互いの気配をより身近に感じることができるため家族の繋がりや一体感も大事にできます。しかし気になるのが冷暖房効率ではないでしょうか。特に暖房使用時です。暖かい空気は上昇するため吹き抜け部分に流れていってしまうのです。エアコンを入れていても足元部分がひんやりしてしまうのです。そこで、建物自体の断熱性を高めることと、熱の出入り口となる窓の断熱性を高めておくのです。そうすることで冷暖房効率を下げることもなく、むしろ一階と二階で温度差の少ない家を実現できるのです。
また、吹き抜け部分には天井ファンを設けて空気を循環させます。そうすることで吹き抜け部分に上がってくる暖気を循環させることができるのです。足元から暖めてくれる床暖房を取り入れるのもいいと思います。
音の響きやにおいの充満というデメリットもあります。会話がしやすいというメリットを感じながらも、音の響きが気になることも実際にはあります。しかし、互いの様子がそばにいなくても伝わってくる安心感が得られると思えばデメリットにも感じられません。においの充満を感じる時もあります。二階の各部屋のドアを閉めておけばさほど気になりません。デメリットへの対策をしっかりと行い、吹き抜けを取り入れて良かったと実感できる住まいにしましょう。

コメントは受け付けていません。