自然素材でつくられた住まい

我が家の新居は素材にこだわって家造りを進めてきました。素材にこだわることで室内の快適性をより高めることができますし、住まいの機能性を高め、またそこで住む人の健康もしっかりと守ることができるのです。床材、建具、柱、階段、手すりにいたるまでふんだんに地元の杉を使用しました。地元の木材を利用したことで木材利用ポイントの補助金もありお得に家造りを進めることができました。
室内が無垢材で囲まれることで、木の本来の温もりを感じられ、木目の美しさも感じられます。特に肌が直接触れることの多い床は、浮造り加工を施しました。柔らかい部分を磨きながら削ぎ落として木目を浮き上がらせたものです。見た目の美しさが高まるのはもちろん、肌触りの良さを高められるのです。年輪を凹凸で立体的にして足裏を適度に刺激します。マッサージ効果が得られるだけでなく、子ども達の偏平足防止や滑り止めにもなり、心と体を癒してくれるのです。夏でもサラサラとした肌触りですし、冬はほのかに温かみを感じられるため一年を通して裸足で過ごしたくなる住まいとなっています。
そして、壁には漆喰を用いました。漆喰は、室内の印象を暖かくしてくれ、ぬくもりを与えてくれます。それでいて耐火性や調湿機能にも優れています。夏は湿気を吸収してくれ、冬は水分を供給して湿度調整を行ってくれます。一年を通して室内を快適な空間へと導いてくれるのです。化学接着剤や化学塗料などを全く使用していないので、とても体に優しく安全な壁材とも言えるのです。自然素材で囲まれた住まいは、居心地が良く、家族の健康をしっかりと守れて安心して暮らせています。

コメントは受け付けていません。