リビング収納

リビングは家族みんなが長時間過ごす空間ですし、またリビングでは子どもがおもちゃで遊んだり、勉強をしたり、ママが洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりと家事を行うこともあります。テレビを見てくつろぐスペースでありながらも、様々なことをして過ごすためものが集まってきやすい場所でもあるのです。そんなリビングこそ収納を充実させるべきなのです。
そこで我が家はリビングのテレビ台の背面を利用してウォークイン型のリビング収納を設けました。壁には天井まで無駄にしないように大きな棚を造り付けました。収納するものに合わせて棚の高さを調整できるためデッドスペースを生みにくいのです。子ども達のおもちゃや絵本、これから増えていく教材などは自分達で手の届く位置に収納しています。もちろんランドセルや幼稚園カバン、帽子などもロッカーのようにきちんと収納できています。
私が使うアイロンやアイロン台、裁縫道具なども収納していますし、大きさのある掃除機もスッポリ収まっています。リビングから見えない収納スペースなので目に触れると生活感を感じる日用品までしっかり収納できるので重宝しています。棚の一部分には上下二段に分けてポールを設け、コートクロークとして利用しています。リビングに脱ぎっぱなしになりがちな上着を一時置きすることができ、来客時にも役立っているのです。このような収納力に優れたリビング収納があることで、急な来客時でもサッとものを片付けられるのでママは助かるのです。リビングこそ収納に力を入れましょう。

コメントは受け付けていません。