我が家のカップボード

キッチンには欠かせないカップボード。我が家はこのカップボードを造りつけました。カップボードを造りつけたことで、キッチンスペースを最大限に利用できることで、収納力をアップさせることができましたし、空間に凹凸感がないのでスッキリとまとまりのある印象を得られます。
このカップボードは天井近くにまで広がり、横幅は扉三枚分あります。この扉一枚分はキッチンパントリーとして利用しています。レトルト食品や乾物、お菓子にジューズなど食材をストックしておいたり、キッチン雑貨をここに整理しています。可動棚になっているので収納する物に合わせて棚の高さを自由にアレンジできるのです。
そしてこの隣の扉一枚分には、食器類を並べています。普段使いするものからお客様用のものまでこの一面に整理しているのでお皿選びがしやすくなりました。そしてその隣にはキッチン家電を収納しています。毎日使用する電子レンジや炊飯器は一番手の届きやすい位置に設置し、ホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーなど他のキッチン家電も大きさや使用頻度に合わせて上段や下段を利用し収納しています。
キッチンで必要なものがこのカップボード内にきちんと収められているので家事の効率も高まりました。そしてキッチンを使用していない時や、来客時には中に収納している物が見えないようにすりガラスの扉で全てを隠すことができます。すりガラスの扉なので中に収納しているものはしっかりと隠しながらも、キッチンに明るさをしっかり通してくれるのでスッキリとした印象になるのです。生活感を感じさせないスタイリッシュなキッチンになるので大変気に入っています。

コメントは受け付けていません。