家事室

最近では家事を専用で行うスペースを設ける家庭も少なくありません。私の友人宅にはウォークスルー洗面クローゼットが設けられており、そこには天井に吊るした室内干しが完備されていますし、クローゼットの向かいにはカウンターが設けられており、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをするのに最適なスペースとなっていました。この家事を専用で行うスペースは、家事動線で一番重要な二つの空間を繋ぐ形で設けられることが多いです。
それはキッチンと洗面室の間です。家事を行う上で一番行き来をするのがキッチンと洗面室です。この二つの空間を家事室で繋ぐことで家事効率を高め、家事の時短が可能となるのです。家事室では洗濯物を洗う・干す・たたむ・しまうという一連の作業を一か所で行うことができる空間なのです。
洗濯物を屋外に干すことができない日は意外と多いです。毎日行う家事でもある洗濯を円滑に行うには室内干しは欠かせません。家事室にカウンターを設けておくと、洗濯物をたたんだり、アイロンがけだけでなく、家計簿を付けたり、裁縫をしたりと違う家事も行うことができます。一人で家事を集中して行うにはこのような空間があると便利なのです。そして、たたんだ洗濯物を移動することなくその場でしまえるように、ファミリークローゼットを設けておくのです。たたんだ洗濯物をクローゼットにしまうという作業が面倒と感じる主婦は意外と多いです。家族の衣類やタオル類、下着など全て一か所で管理することで格段に家事が楽になるのです。家事への不満をなくすには家事室があるといいのかもしれません。

コメントは受け付けていません。