ママのためのワークスペース

ママの家事は立って行うばかりではありません。デスクワークすることもあるのです。そのため最近ではママのためのワークスペースを家事の中心であるキッチンの近くに設ける間取りが増えてきました。キッチンの近くにあることで、料理の合間の空いた時間にここでちょっと休憩をする場所としても最適です。パソコンをしたり、レシピ本をみたり、家計簿を付けたり、裁縫をしたりとちょっとした作業スペースとしても最適です。
我が家にもワークスペースを設けました。我が家は、ダイニングの窓際に横幅のあるカウンターを設けました。横幅に余裕を持たせたのは、子ども達がもう少し成長したらここをスタディコーナーとして活用できるようにしたのです。子ども達が二人並んでもゆったりと勉強できるのです。親子で並んで宿題のチェックも行え、ここにコミュニケーションの場の一つとなるのです。
カウンター下部の両サイドにはオープン棚を設けました。ここでパソコンをすることも多いため、ノート型パソコンやプリンターなど関連用品をしっかり収納するスペースです。後は、子ども達の学校行事の書類を管理したり、勉強道具の一時置きスペースとして活用させる予定です。今まではパソコンをするのも、裁縫をするのも、家計簿をつけるのもいつもダイニングテーブルで行っていました。食事の度に作業していたものを全て片付けなくてはいけませんでしたし、食事をする空間を家事を行う空間が同じというのも生活にメリハリがありませんでした。しっかりと自分の居場所となるスペースを設けたことで、家事をより楽しみながら行えるようになったのです。

コメントは受け付けていません。