二つの玄関

我が家は玄関の動線を二つに分けました。動線を二つに分ける最大のメリットは、メインのお客様用の玄関を常にきれいに保つことができることです。玄関の横にはシューズクロークを設けました。そのシューズクロークからも室内へのスムーズな動線を確保したことでここを家族用の玄関として利用しています。
今までの住宅への不満の一つとして、玄関に靴や物が溢れることが挙げられます。子ども達が帰宅すると靴が散らかり、外で使用したホールやおもちゃが玄関部分やポーチ部分に置きっぱなしになっていました。玄関が片付いていない時に限って急な来客者があったりして、いつもバタバタ片付けてお客様に対応していました。このことがストレスの一つでもあったので、動線を二つに分け、お客様にスムーズに対応できるようにして、その隣に設けたシューズクロークには靴や傘だけでなく、外で使用する物をしっかりと片づけられるスペースを確保したのです。
家族の靴を大容量に収納できるだけでなく、室内に収納することのできない外で使用する物をきちんと片づけられるシューズクロークを設けたことで玄関の快適性は非常に高まりました。そして子ども達にもいい効果をもたらしています。帰宅した時、自分の靴をあった場所にしまい、室内へ入ってくるようになったのです。どこにどの靴があるかが把握しやすいオープン棚には、子ども達の靴は下段部分に収納しています。靴をしまい、外で使用したおもちゃなどもきちんと片づけて室内へ入るようになり、家族用の玄関もごちゃごちゃすることはなくなりました。玄関の動線を二つに分けて私のストレスは解消されたのです。

コメントは受け付けていません。