我が家の階段下の活用法

階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれます。このデッドスペースをどのように利用するかで住宅の印象も大きく変わってきます。階段下の活用法は、どのような階段スタイルなのか、どこに階段を設けるかでも変わってきます。我が家は階段の入り口がリビングに面したリビング階段で、廻り階段です。ここにトイレを設けたのです。
便器を設置している部分の天井は通常の天井たかさより少々低く、また階段下ということで特殊な形状をしているのですが、用を足すには全く支障がありません。通常より天井が低いことで圧迫感を感じないか心配していたのですが、クロスの色味やデザインで全く圧迫感を感じることはないのです。
階段の上り初めからホールまでの階段下部分はトイレの収納スペースとして利用しています。トイレの収納スペースとしては十分な広さの収納スペースを確保できたことで、トイレ内で必要な物をしっかりと収納できています。トイレットペーパーを特売日に買い込んでもそのままスッポリと収納しておくことができ、サニタリー用品や子ども用便器、トイレ用タオルなどきちんとトイレ内で管理できています。
階段下を余すことなく有意義に利用していることで非常に満足しています。以前住んでいた住宅では階段下は収納スペースでした。しかし奥行があり、奥に行く程天井が低く、使いにくい収納スペースだったので、階段下に収納を設けるのだけは止めたのです。暮らしにピッタリの階段下の活用法をしてみてほしいと思います。

コメントは受け付けていません。