平屋住宅

最近では平屋住宅の数が少なくなってきました。しかし私の両親は還暦を迎え終の棲家として平屋住宅に強い憧れを抱いています。足腰が弱ってくると住宅内の移動に階段を挟むと体に大きな負担となってきます。また子どもが巣立った後必要なくなった子ども部屋はただの物置部屋になっているだけです。ほとんど機能しない二階建て住宅よりも、安全性が高く体に負担をかけない平屋住宅に憧れるのも納得できます。
平屋住宅の最大の魅力は階段がないことです。住宅内の事故で多いのが、階段での転倒や落下事故です。平屋住宅であればこれらの危険性が伴わず、安全な住宅と言えるのです。また階段を設けることで階段下にデッドスペースが生まれてしまいます。階段のない平屋住宅はデッドスペースのない家となり、空間を有効利用できるのです。階段がないというだけで安全性が高まり、空間を上手に活用できる家になるのです。
また平屋住宅は住宅内の動線をコンパクトにでき、家族がそれぞれバラバラの空間で過ごしていても互いの気配を身近に感じ、家族の繋がりを感じられる家になります。気配を身近に感じられることで安心感が高まります。
そして庭との距離も身近に感じられるのです。歳を重ねるごとに家で過ごす時間が増えていきます。室内だけでなく、庭で過ごす時間も増えます。夫婦で家庭菜園をしたり、庭の景観で四季を感じたりできる家はまさに理想的です。庭の存在をより身近に感じられる平屋住宅は終の棲家として考える私の両親の考えにも納得できます。平屋住宅は高齢者だけでなく、小さい子どもを抱える家庭にとっても最高の住宅になると思います。

コメントは受け付けていません。