パートナー選び

家造りを始めるにはまず業者を選ぶことから始まります。我々も家造りを始めた時は住宅について無知で何をどう進めていいのか全く分かりませんでした。しかしこの業者選びさえ失敗しなければ、安心して家造りを進めることができ期待以上の家を実現できるのです。この業者選びが一番重要であり、一番難しいものだと思います。大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。その中から一社を選び出すというのは非常に難しい選択と言えるでしょう。
まずは大手ハウスメーカと工務店の選択を行うことで業者選びが格段としやすくなるのです。大手ハウスメーカーの特徴は、会社としても規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。またカタログやモデルハウスなど家造りのイメージを沸かせるための材料が豊富に揃っています。そして営業、設計、施工など各部門の人材がそれぞれに教育されているのでしっかりとしています。最新のデザインなどを取り入れ提案力にも優れています。
しかしその反面、自社製品しか売ってくれないや、商品の規格化のため自由にならない部分も出てきます。モデル維持管理費や広告宣伝費などあら建築費が割高になってしまうのです。また利益第一の体質から営業が強引になることもあるのです。
地元の工務店は、建築主の希望や都合を第一に考えてくれ、大量生産とはことなり一品生産の家造りを行うことができるのです。地元での評判を大事にするため、施工はもちろんのこと、引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視している傾向にあります。しかし世間一般的に会社規模が小さいため不安視する人も少なくありません。まずはこれらの特徴をつかみ、自分達に合ったハウスメーカーに依頼することで最高のマイホームを手に入れることができるのです。

コメントは受け付けていません。