空間にメリハリを

最近の住宅の傾向として、LDKの一体感を高めて空間的な広がりや開放感を大切にすることが挙げられます。LDKの一体感を高めることで、家族がそれぞれ違う空間に居ても顔を合わせてコミュニケーションを取ることができるので家族の繋がりを大事にできます。キッチンからダイニングやリビングはもちろん、リビングに繋がり和室まで目が行き届くようにしておくことで、子育てのしやすい家にもなるのです。
LDKの一体感を高めることで魅力はたくさんありますが、時に空間が単調になってしまい間延びしてしまうことがあります。このようにならないように空間を緩やかにゾーニングしてメリハリをつけるということも大切にしましょう。壁や建具を使用すると空間が閉鎖的に感じたり、圧迫感を感じてしまうこともあるかもしれません。あえてそれらを設けずにゾーニングを行うのです。
一つの方法として、高低差をつけることです。家族団らんの場となるリビングをダウンフロアにするのです。ダイニングやキッチンから階段2、3段下りて広がるリビングは天井が高く感じられ、開放感をプラスできます。段差を付けることで空間にメリハリが生まれ落ち着きのあるリビングが広がるのです。ダイニングやリビングの間に木の面格子でゾーニングするのもいいと思います。木の面格子が空間のアクセントになりオシャレな印象を与えますし、これでゾーニングしてもしっかりと明るさを通すので閉鎖的な印象になるのを防げます。緩やかに視線をカットすることもできるので、ゆっくりと食事を楽しむことができるのです。
LDKの一体感を大事にするときには、空間にメリハリをつけるということも大事にするべきだと思います。

コメントは受け付けていません。