家族関係が良好に保てる家

家族関係を良好に保つために一番必要なのは、家族のコミュニケーションです。この家族のコミュニケーションを大事にできる家にしたいと私は思っていました。そんな我が家も新築住宅を建てることになり、それを実現するチャンスが巡ってきたのです。
まず取り入れたのがリビング階段です。最近リビング階段は人気となっています。リビング階段は、帰宅して二階の自分の部屋へ行く時でも必ず家族の集まるリビングを通らなければ二階へは行けません。家族がリビングで顔を合わす機会が自然と増え、コミュニケーションも生まれやすくなるのです。顔を合わせることで親は子どもの変化に気づいてあげられやすくなりますし、しっかり顔を見てコミュニケーションを取ることは家族関係を良好に保つには大切なことです。
またリビングの一部を吹き抜けにしました。吹き抜けにすることで一階と二階を繋いでくれる役割を果たしてくれます。階段を上がった先にはファミリースペースを設けました。子ども達が遊んだり、勉強をしたり、パソコンを使用するスペースとして活用できます。家族が一階と二階でバラバラの時間を過ごしても、吹き抜けを通して互いの存在を身近に感じ、また吹き抜けを通して会話をすればコミュニケーションも取りやすいのです。
このように住宅に少しこだわることで家族の良好さが保て、家族で過ごす時間を大切にすることができるようになるのです。そしてリビング面してウッドデッキを設けています。室内だけでなく、屋外スペースを利用して家族のコミュニケーションを大事にしたいなとも思っています。

コメントは受け付けていません。