動線に配慮した家

家造りを進めて行く中でまず行うのが間取りを決めることです。この間取りがその後の暮らしに大きく影響してくるだけに、しっかりと暮らしをイメージしながら配置を決めましょう。
間取りを決める際には動線に配慮しましょう。この動線には生活動線と家事動線があります。家族みんなが暮らしやすい家にするには生活動線が大事ですし、休みのない家事へ負担やストレスを感じることなく行えるようにするには家事動線が大事になってきます。
生活動線を考える際には、長時間過ごすリビングからの動線を意識しましょう。リビングから洗面室、リビングからトイレへの動線を短くしておくといいのです。トイレや洗面室は外出時や帰宅時の使用頻度が高い場所です。玄関からあまり遠い位置に配置することで、住宅内の無駄な動きも増えていきます。
家事動線を考える上で重要なのが、キッチンと洗面室の動線です。キッチンで家事をしながら、洗面室で別の家事を行うことも多いです。それだけにキッチンと洗面室の行き来は頻回に行います。動線を短くそして行き来しやすいようにしておくことで家事の効率も高まるのです。また洗面室から洗濯物干し場の動線もしっかりと考えましょう。洗濯を終えた衣類は濡れて重たさを増します。それを抱えて持ち運ぶのは歳を重ねてくると体に大きな負担となってしまいます。動線を短くしておくと洗濯への負担も軽減されることでしょう。このように動線に考慮することで暮らしやすく快適な暮らしを送ることができるのです。

コメントは受け付けていません。