テレビをビルトイン

リビングに設置するテレビの周りは壁一面に収納を充実させたいと思っています。
この壁一面収納はリビングの収納スペースをしっかり確保することができますし、テレビをきちんとその中央部分にビルトインさせることでスッキリとしたリビングを作りだすことができます。
また上部にはフィックス窓を設けて外からの明るさを取り込めるようにします。
空間を明るくすることで開放感のある空間に仕上げることができます。
またテレビをビルトインしたサイドの棚は飾り棚としてリビングの空間のアクセントとなるようにしようと思っています。
リビングの違う壁面に飾り棚を設けると空間がごちゃごちゃした印象になり、飾り棚としての機能も下げてしまいます。
テレビ台とテレビ、飾り棚、リビング収納を充実させるには壁一面に全てを設ければいいのです。広々とした空間でもテレビ台を置いたり、収納するためのキャビネットを置いたり、飾り棚を設置したりとそれぞれ別々の場所に設置すれば空間に凹凸感が増し、空間に圧迫感さえ与えてしまいます。それを壁一面に使い全て設置することで凹凸感が生まれず開放感たっぷりのスッキリしたリビングになるのです。
リビングに設置する家電で一番大きさがあるのがテレビです。
このテレビを設置する場所を考え、テレビをきちんとビルトインすることで大きさがあっても圧迫感を与えることなくまとまりのあるリビングに仕上げられるのです。
家族が共に過ごすリビングはどの部屋より寛げて居心地のいい空間に仕上げたいものです。そのためにはごちゃごちゃした印象だけは避けるべきなのです。

コメントは受け付けていません。

住宅にニッチを取り入れよう

ニッチのある家はオシャレ度が高まると思います。
我が家の新築住宅のテイストは南欧風住宅です。
この南欧風住宅の雰囲気を高めるためにもニッチを取り入れようと思っています。
ニッチの最大の魅力は壁の厚みを利用して飾り棚や収納スペースを設けることができるので空間に圧迫感を与えないということです。
ニッチが一つあるだけで空間のアクセントになります。
トイレや洗面室など広さに余裕がない場所ではこのニッチを上手に取り入れることで飾り棚を設けて空間を華やかにしたり、ちょっとした物を収納できるスペースを確保することができるのです。
我が家はキッチンに造作カウンターを設ける予定にしています。
空間のアクセントになるようにカウンター上部にはモザイクタイルを敷き詰めます。
そして下には横長の飾り棚となるニッチを設けて、飾り棚の下にはリビングで必要な小物やダイニングで必要な小物を入れておく収納スペースとして活用しようと思っています。
空間をスッキリ見せるためにはこの収納スペース部分の前には扉を設けようと思っています。壁の厚みを利用して造作カウンターがオシャレさを高めてくれるだけではなく、便利な収納スペースにもなるのです。
私の親戚宅には玄関ホールに飾り棚のニッチが設けられていました。
玄関入ってすぐそのニッチに目が行き、空間のアクセントとなっていました。
夜でも雰囲気を高められるようにニッチの上部に照明が設けられていました。
ニッチは飾り棚としても収納スペースとしても活用できます。
このニッチを上手に取り入れワンランク上の家造りができたらいいなと思っています。

コメントは受け付けていません。