家造りをするにあたり

我が家も新築住宅を建てる決断をしました。
家造りをするにはまず家を建ててくれる業者を選ぶことからはじまります。
この業者選びが大変重要になってくるのです。
業者選びを失敗すると自分達が理想とする家を実現できなかったり、予算をはるかにオーバーしたりと今後の暮らしに大きな影響が出てくるのです。
希望にそった、また希望以上の家ができあがるかどうかは業者選びが大きな鍵となってくるのです。
業者は大手ハウスメーカーから地元に密着した工務店などたくさんあります。
それぞれにメリット・デメリットあるので自分達がどちらの業者が適しているかを見極める必要があります。
そして同時に自分達がどのような家を建てたいかということを鮮明に描いておくことも大事なことだと思います。
イメージがより明確になっていることでその家を実現してくれる業者かどうかということを見極める判断材料になるのです。
そして多く完成住宅やモデルハウスを見学し、営業マンに触れ人となりを見極めることも大切だと思います。
人と人が関わりながら家造りをします。より依頼者に対して親切で的確なアドバイスをくれる業者に依頼したいと思うのは当然のことです。
我が家も大手ハウスメーカーから地元の工務店まで幅広い営業マンと出会い話をしたり、様々な住宅を見てきました。
そして我が家は地元の工務店に依頼することに決めました。
その大きな理由は大手ハウスメーカーは宣伝費や広告費、そしてモデルハウスの維持費と住宅とは関係ない部分に大きなコストがかかっており坪単価も非常に高いです。
それに加え自社の製品の良さばかりをアピールするという印象を受けました。
このことから地元に密着した工務店の方がより親身に我々の家造りへの思いを聞きだしてくれいろいろと相談に乗ってくれました。
これが決め手となったのです。重要な業者選びを失敗しないようにしたいものです。

コメントは受け付けていません。