スッキリとしたカップボード

キッチンに欠かすことのできないカップボード。
このカップボードを充実させることでパントリーいらずの収納スペースとなると私は思います。
壁一面に広がるカップボードは炊飯器や電子レンジなどの家電も収納できるようにしたいと思っています。
天井まで埋め込んだカップボードに電子レンジや炊飯器もスッポリ収納してしまう大容量の収納がキッチンにあることでキッチンをスッキリさせることができます。
全て磨りガラスの引き戸でさりげなく目隠しすることで生活感を全く感じさせないキッチンスペースとなるのです。
お客様が来ても磨りガラスでキッチン用具を全て隠すことでスッキリとスタイリッシュなキッチンをお見せすることができるのです。
床から天井まで広がるカップボードはパントリーを必要としないくらいの大容量の収納となります。
使用頻度の低いホットプレートや土鍋、ついつい特売で買いだめした飲料やお菓子などを収納できればパントリーは必要ありません。
キッチンでの作業効率を考えても重要になってくるのは収納です。
また生活感の出やすい物がたくさんある場所でもあるのでそれらをキッチリと隠して収納できることでキッチンの居心地も良くなることと思います。
現在我が家のキッチンには吊戸棚が設けられています。
しかし新築住宅には対面式のオープンキッチンにする予定なので吊り戸棚は設けません。
その分の収納スペースも確保しなければいけないので床から天井までもカップボードは必要になってくると考えています。
キッチンは女の城です。
より快適な城にするにはカップボードを重視しようと思います。

コメントは受け付けていません。