小上がり和室

新築住宅には小上がりの和室を設けたいと思っています。
最近住宅が洋風化していて、和室を設けない家も増えてきました。
私の実家は和室の部屋が多く、和室で過ごすことに慣れている私は新築住宅には必ず和室を設けたいと思っています。私の両親も主人の両親も遊びに来たり、遠方なので宿泊することもあるでしょう。そのことを考えても高齢者がゆっくり寛げる空間を用意しておきたいと考えています。
リビングの一角に和室を設けるのが最近人気のスタイルです。この和室を小上がりにしることでスペースを有意義に活用できるのです。小上がりにした分ここを収納スペースとすれば、子どものおもちゃをはじめ、爪切りや綿棒などの小物などもスッキリ収納できます。和室で必要な物とリビングで必要な物とをスッキリ収納できれば使い勝手のいい収納スペースと言えるでしょう。大容量の収納スペースにすることで他の家具の必要性を感じないほど充実したものとなるのです。
小上がりにすることでサッと腰を下ろせるのも便利です。そのまま和室でゴロンと横になれるのもいいですね。
和室とリビングの境には可動性のドアを設けておくといいと思います。両親や友人が宿泊する際にはここが大活躍するのです。扉があることで個室ができホッとした空間になるのです。また客間としても活躍させようと思っているので扉は必ず設けようと思っています。小上がりにすることで腰かけることもでき、畳の下のスペースを大容量の収納スペースにできれば満足度の高い空間となること間違いなしです。

コメントは受け付けていません。