二人の生活のいいところ

今までずっと一人暮らしをしてきた私は、二人暮らしの良さを知りました。
1つ目は、食事がおいしいことです。これまでは、会社から帰ると一人でご飯を作り、一人テレビをつけて、食べることがほとんどでした。食に関してはとにかく食べればいいという考えでした。けれど二人暮らしを始めてからというもの自分のためだけではなく、主人の分のご飯を作ります。作る楽しみも倍増しました。また一人で食べるよりも二人で話しながら食べる方が格段に美味しいのです。
2つ目に、帰ってきた時に誰かがいる喜びです。これまでは、帰って『ただいま~』と言っても返ってくる声もありません。冬の寒い時期は、冷えきった部屋に帰っていました。二人だと違います。もちろん仕事で主人がいないことがほとんどですが、帰ったら誰かがいるという温かみがあります。
3つ目に安心感です。これまで一人暮らしで怖い思いをしました。二人暮らしで主人いわゆる男の人がいると安心です。お互いに価値感の違いはもちろんあります。その価値観の違いは、ある程度は似てくることはあってもこれから先も変わることがないと思います。お互いが我慢しなければならないところかもしれません。けれど二人になることでいいことも沢山あるのです。
そして、今では二人だけの生活だけではなく家族である子供もいます。子供が増えたことで毎日の生活も変わりました。今までのように主人に構っている時間はなくなりましたが、主人が仕事へ行っている時間も子供がいることでとても有意義な時間を過ごせるようになりました。

コメントは受け付けていません。