新婚生活のアパートに住んでみてよかったこと

新婚生活ということもあり、できるだけ新築を希望しました。そして運よくいい物件に巡りあい大分の新築のアパートに暮らすことができました。
実際に部屋に入ることなく、物件が決まり、引っ越しの少し前に部屋を見ることができました。図面だけで決めましたが、部屋もとても広く収納も沢山ある部屋ばかりだったのでとても間取りはとても気に入りました。
新婚生活の当時は二人暮らしでしたが、二人ではもったいないぐらいの広さがありました。今となっては、子供のおもちゃや物置場でちょうどいい大きさになりましたが、新婚生活の物件探しでは、先々家族が増えることも考えて見つける必要があると思いました。
また、このアパートにしてよかったと思うことは、騒音のことです。どうしても両側に別の入居者がいると横に伝わる騒音も気にしてしまいます。けれどこの物件の場合、両側には部屋がなく、下の階だけに部屋があります。その為、下の階の人だけの騒音を気にするだけで大丈夫なのです。騒音についてはとても助かっています。
また物件以外にも、ご近所さんがとてもいい人ばかりでした。転勤族だった主人が気さくにご近所さんに挨拶をしてくれたおかげで、アパートの前に住むご年配の夫婦にはいつも話かけてもらえるようになりました。いざという時も安心です。価値観の違いも役に立つこともあることがわかりました。
また子供が生まれてからというもの、近くに子供連れの家族が住んでいることがわかりました。家の近くにママ友ができ、気軽に子育てについても相談できるようになりました。物件選びでまわりに住むご近所さんも大切なポイントであると思いました。

コメントは受け付けていません。