生まれ育った家庭の違いは大きな違い

一人暮らしと実家暮らしの違いだけではなく、両親の育て方の違いも価値観に大きく影響します。
うちの両親は、共働きの自営業のタイプでした。両親は大分に新築した為、幼少時代から高校卒業まで地元で育ちました。自分達が貧しい家庭で過ごしてきたので。大学進学をすることができませんでした。そのため、娘達には大学に行ってもらいたいとずっと教育熱心な家庭でした。
小さい頃から英才教育や塾通い、テレビもほとんど見せてもらえない程でした。食に関してもうるさい方で、甘いものはほとんど食べた記憶がありません。そのような家庭で育ってきた私は、大学進学の為にとにかく勉強をしなければならないという考えが常にありました。食べ物も昔から好き嫌いなく食べてきたので今でも好き嫌いは一つもありません。
一方うちの主人の家庭です。主人の家庭は父親が働き、母親は専業主婦のタイプでした。転勤族であったため、いろんな県を転々としてきました。進学や勉強に関しても子供に自由にさせてあげるようなタイプでした。主人は、勉強も好きなタイプではなかったので、塾に通うこともなく伸び伸びと育ちました。両親は、留学や大学進学もすすめてきたそうですが、高校卒業で就職しました。
そのような家庭で育ってきた主人は、とにかく自由人です。転勤も何度も繰り返してきた為、あまり人見知りしないのとさっぱりした性格でもあります。このように育ってきた環境でもその人の性格や人格に大きな影響を与えます。これだけでも価値観の違いは大きいものです。生活も全く違った二人が夫婦になり、生活をはじめるのが新婚生活です。育った環境は違うけれどそんな夫婦が納得できる物件探しが必要になりました。

コメントは受け付けていません。