私たちの新婚生活

私たち夫婦が結婚してからのまだ2人きりのときのお話をしたいと思います。
大分の新築アパートで新婚生活がはじまりました。結婚前は、私は職場の近くに一人暮らし。主人は、実家暮らしでした。新婚生活という言葉を聞くとまだ初々しい二人の甘い生活というイメージがあると思います。
しかし、主人とお付き合いをしていた当時から、ほぼ毎日のように私のアパートに泊まりに来ていたので、新婚生活を始めることが二人ではじめての生活という感じではありませんでした。よく、結婚する前に一度二人で生活をしてみた方がよいという話を聞きます。二人で生活することによってはじめてわかるその人の本質や価値観というものがあります。
私も主人とお付き合いをしていた頃から、生活における違いを何度も感じました。もちろん異性であるということから観点や考え方ももちろん違います。それ以上に、元々生活をしてきた環境が違うとお互いの価値観も変わってくるのです。
例えば、一方は早寝早起きの規則正しい生活を好むタイプでもう一方は夜型のタイプだったとします。その場合、一方は早く寝たいのに一方が寝てくれないと眠れないことがあります。その逆で朝ゆっくり寝たいのに、一方が早起きだとゆっくり寝ることができなくなります。それだけでも考え方は大きく違うのです。
そして、この価値観の違いにより夫婦間にトラブルが起きることもたびたびなのです。甘いだけではない新婚生活です。ここでは、はじめての新婚生活で経験した物件探しや二人生活について書いていきたと思います。

コメントは受け付けていません。