夜泣きは大変だぁ…。

息子が産まれてから3週間、驚きだったのはもう夜泣きを始めたことでした。
え?夜泣きってそんなに早くするのっていう感じでした。
これも個人差なんでしょうねぇ。
連日、夜通しでなくもんで、賃貸アパートに住んでいるので隣の方や不動産屋さんに怒られるんじゃないかと思っていましたが、
そんなことはなくみなさんから暖かく見守ってもらったようです。ありがたい、ありがたい。
しかし、ボクも嫁さんも睡眠不足で、眼の下でクマが踊っておりました。
このままでは嫁さんがダウンしていしまいそうでまずい!と思ったので嫁さんの実家に2人をお願いすることにしました。
初めからそうしておけばよかったのかもしれないんですが、義弟君も実家に住んでるわけであまり迷惑かけちゃいかんなと嫁さんと話した結果だったんですが、この有様・・・。
まぁ助けてもらえる時は甘えちゃいましょう。
その後一カ月ぐらい、今度は実家に仕事帰りによるようにボクはなりました。
さすがにボクまでお世話になるのは気が引けました、いくら仕事場が近いとは言え・・・。
時折、夜泣きはまだするものの、毎日ではないので3人での生活が狭い賃貸アパートで始まりました。
狭かろうがなんだろうがこれが幸せの形なわけです。
家に帰ると、明かりがついていて、愛するわが子と妻がまっている。
これ以上の幸せってないと思います。
まだ独身の方にはわからないかもしれないけど。
がんばれ!次は義弟君、キミだ!

コメントは受け付けていません。