自然素材でつくられた住まい

我が家の新居は素材にこだわって家造りを進めてきました。素材にこだわることで室内の快適性をより高めることができますし、住まいの機能性を高め、またそこで住む人の健康もしっかりと守ることができるのです。床材、建具、柱、階段、手すりにいたるまでふんだんに地元の杉を使用しました。地元の木材を利用したことで木材利用ポイントの補助金もありお得に家造りを進めることができました。
室内が無垢材で囲まれることで、木の本来の温もりを感じられ、木目の美しさも感じられます。特に肌が直接触れることの多い床は、浮造り加工を施しました。柔らかい部分を磨きながら削ぎ落として木目を浮き上がらせたものです。見た目の美しさが高まるのはもちろん、肌触りの良さを高められるのです。年輪を凹凸で立体的にして足裏を適度に刺激します。マッサージ効果が得られるだけでなく、子ども達の偏平足防止や滑り止めにもなり、心と体を癒してくれるのです。夏でもサラサラとした肌触りですし、冬はほのかに温かみを感じられるため一年を通して裸足で過ごしたくなる住まいとなっています。
そして、壁には漆喰を用いました。漆喰は、室内の印象を暖かくしてくれ、ぬくもりを与えてくれます。それでいて耐火性や調湿機能にも優れています。夏は湿気を吸収してくれ、冬は水分を供給して湿度調整を行ってくれます。一年を通して室内を快適な空間へと導いてくれるのです。化学接着剤や化学塗料などを全く使用していないので、とても体に優しく安全な壁材とも言えるのです。自然素材で囲まれた住まいは、居心地が良く、家族の健康をしっかりと守れて安心して暮らせています。

コメントは受け付けていません。

住んでみて気がつく新築アパートの欠点

新婚生活に新築のアパートを選びました。誰も使っていない新品の状態というのがよかったからです。新築であると前にどんな人が住んでいたのかを気にすることもありません。すべてが新品なので気分もとてもいいものです。
新品である新築の良さもありましたが、欠点もありました。それは、新築ならではの匂いです。昔からなぜか壁紙材や塗装などの匂いを嗅ぐと鼻水がでたり、咳がでたりする体質でした。主人もホコリアレルギーがあるため臭いなどには敏感なタイプでした。大分の不動産で見つけた新築のアパートに入った当初、とにかく新築ならではの匂いが駄目でした。毎日のように換気をし、空気清浄機もまわしました。けれど最初は、夜中に咳がとまらなくなることもありました。
一度病院へ行きましたが、肺に異常はないとの診断でした。今では、臭いも気にすることなく生活できています。あの時はシックハウス症候群になっていたのだと思います。シックハウス症候群とは、住居での空気質に関する問題が原因として、体に何らかの問題や症状が生じることをいいます。たまたまこの新築で使われたものが私の体には合わなかったのだと思います。
私がまだ軽い症状の方でしたが、ひどく発症する人はもっと重病になるようです。もし、将来、家を建てるとなるとどうしても新築になります。またシックハウス症候群にならないように、自分が新築で家を建てることがあればこのシックハウス症候群の問題はしっかり考えておかなければならないと思いました。

コメントは受け付けていません。

今年も苦しみました・・・。

今年も3月の頭から花粉症に悩まされています。
自分はある程度、この時期が来ることを覚悟できているからまだいいのですが、息子がかわいそう。幼稚園から帰ってくると目を真っ赤に腫らして、鼻もずーずーと垂らしながらです。
まさか4歳児が花粉症だなんて想定もしていなかったです。
幼稚園の周りにはスギ林があるのですが、病院の先生曰く、幼稚園の近くに杉があろうが、遠くのデパートにいていようがその差はないと。
要するに花粉そのものに反応するかしないかだそうです。
まぁ根気よく病院に通ったりして、体質改善そて行かないといけないんでしょうね、ボクも息子も。
しかし花粉症を持ちながら、風邪をひくともっと大変です。
もう、どの薬が効いてんだか効いてないんだかって話です。
以前も書いたことがあるような気もしますが、できるだけ住宅内に花粉を取り込まないようにするため、上着を玄関に入る前にはたき、着替えは玄関でできるだけすると。
後は風呂ですかね。
まぁ息子を無菌状態な感じで育てていくわけにもいかないんですけど、できるだけ家に帰ってきたら軽減させてあげたいなぁと思うのが親心です。
しかしタバコを吸うのにベランダに出るわけですが出るときはいる時にサッシをしっかり閉めろと妻から怒られる毎日なんです。
気をつけます・・・。
早く花粉の時期終わらないかなぁ、多分ヒノキのアレルギーはないはずなので。

コメントは受け付けていません。

原発に興味を~子供たちへ

昨日、晩御飯を食べながら聞いていたニュースの内容ですが、
東日本大震災が原因の福島原発事故により福島から他の地域に避難していた子供たちが「福島からきた。」といったことに対し、
被災先の子供たちが「放射線」がうつるといじめや差別的な行動があったというのを耳にしました。
正直がっかりです。
確かに自分が小さな頃にも理由のない差別や噂などありました。
特に今回の原発事故に関しては子供たちが原発のことに関することを理解することも難しいと思います。
大人だって原発のことに関して熟知していないのですから。
しかしこの様な全国的に問題になっていることで、避難してきた子供たちは家族を失くしてしまったかもしれない、
住み慣れた家を失くしたかもしれない、大切な物を失くしてしまったかもしれない、
そうした状況の中から避難したわけです。
「あたたかく被災者を向かい入れよう」、「被災者を支援しよう」という言葉はなんだかむなしく聞こえてきます。
大人たちがしっかりと子供たちに伝えることがもっと必要なんだと思います。
今の親世代は戦争をしりません。
戦争について聞くことも少なくなりました。
でもこの東日本大震災や原発についてはリアルタイムで起きていることです。
今起きていることぐらいしっかりと子供に伝えていくのが親の義務でないでしょうか。
大分には海を挟んで四国に伊方原発、新潟で新築を建てた従兄の近くには柏崎刈羽原発。
子を持つ親としては心配になる所です。
追記、インターネット上で歌手の斎藤和義さんが自身の替え歌「ずっとウソだった」を披露しました。
故・忌野清志郎さんも昔原発批判ソングを歌ってました。
今回を機に若い世代が原発に興味を持つべきだと思います。

コメントは受け付けていません。

花粉症の時期

年中鼻が出ているので基本的に慢性鼻炎なんでしょうが、2月の中旬から爆発的に鼻が出て目も痒くて花粉症に苦しんでおります。
困ったもんです。
できるだけ家の中に花粉を持ちこまないように心がけて、仕事から帰ったら玄関先で着替えをします。
そしてすぐにお風呂に入ります。
リビングでは最近もらった空気清浄機も動かしています。
家に帰ってから寝て次の朝起きるまでは症状はだいぶ軽減されるのですが、また外に出ると鼻が止めどなく垂れ流れるような状態です。
仕事の関係上とかもあるんであまり薬を飲まないようにしているのですが、早く花粉の時期が終わらないかなーと願うばかりです。
と、数日前の朝の出来事なんですが起きてみると息子の目が若干腫れているようでした。
数日前から鼻をグズグズ言わせていたので風邪かなぁ?と思っていたんですが、
本当にどこか悪いんじゃないかと思い上院へ。(連れて行ったのは妻なんですけど)
そして以外(?)な結果が。息子も「花粉症」だそうです。
花粉症て時間をかけて蓄積して言って限界に来た時に発症するものだと思っていたので大人の病気かと思っていましたが、3歳の子供でもなるんですね。
知らなかった。
病院の先生曰く、「薬を飲むほどではないようだから、目の腫れは目薬で。」ということらしいです。
空気環境にこだわった家造りをしている無添加住宅ではこんなに花粉症に苦しむことはないんでしょうか?
滋賀に住む友人も一時期花粉症に苦しんでいたらしいのですが、滋賀のリフォーム会社に頼んで自然素材の素材や建材を使ったリフォームをしてから症状が軽減されたようです。
息子は痒くて痒くて仕方ないんでしょうね、目をこすりこすりで毎日遊んでいます。
できることなら変わってやりたい・・・ってボクも花粉症だった。(泣)
まぁとにかく家の中に出来るだけ花粉を持ちこまないように努力すべしですね。

コメントは受け付けていません。

風邪や病気の季節

いつも思うのですが病気ってどこから来るのでしょうか。
先月の末から息子の体調が悪いのです。
まずは嘔吐下痢から始まり風邪をこじらせたり。
インフルエンザは予防接種を10月ぐらいに受けていたので大丈夫みたいんなんですが、まぁ絶対インフルエンザにかからないと言うわけではないのですが。
嘔吐下痢の時は寝ていたら夜中に突然すくっと立ち上がり突然のマーライオン状態でした。
布団の上でのことでしたが、もうそれどころじゃなくて可哀想で可哀想で。
以前ロタウイルスの時も嘔吐と下痢がひどかったですが今回も大変でした。
夜中の事でしたが救急病院は連れて行かず、朝が来るのを待ってちゃんとした小児科へ連れて行きました。
ロタウイルスの時は慌てて救急に連れて行ったんですが、ただの風邪でしょうとか言われてただ帰されて次の日の小児科でロタだとわかった時には怒り心頭でした。
救急ってそんなもんかと。意味ねーじゃんって。
で、今回も小児科で見てもらって正解だと思います。
なんか脱水症状が続く時は経口補水液?っていうポカリスエットの濃ゆいやつを飲ませるようにとのことでした。
そんな商品あるんだねって。
しかし嘔吐の処理やおむつ替えの後など気をつけていたんですが、ボクも妻も嘔吐下痢症をもらってしまって家族3人そろって2、3日寝込んでいました。
年込んでいたと言うかトイレの奪い合い?(笑)
まぁまだ息子と妻は風邪をひいていますが年末年始に向けて体調を整えたいと思います。
大分で中古マンションに住んでいる友人は嘔吐下痢症のときは特性の野菜スープを飲んで治すと聞いたので次があったら今度試してみようかと思います。

コメントは受け付けていません。

友人の家造りは健康住宅

高校時代の同級生が大分で注文住宅を建てたということなのでお祝いもかねて新築の住宅を拝見してきました。
もともとご両親が以前から持っていた土地があって、4年前に結婚してから「次は家を建てろ!家を建てろ!」とつつかれ続けてようやく建てた注文住宅のようです。
今、奥さんのお腹にはベイビーが宿っていているのでほんと幸せ一直線っていう感じですね。
友人の財布事情以外は。
どこもそうなんだろうけどね。
友人宅の注文住宅での家造りは将来生まれてくる子供の事を考えて健康住宅や無添加住宅などの仕様で建てたんだそうです。
今、注目の家造りですもんね、無添加や自然素材の家造りとかって。
普通、家の外壁とかサイディングといわれる板状の外装材でおおわれていますが、
そうではなくて漆喰といわれる水酸化カルシウムや炭酸カルシウムを主成分とした物で施工されていました。
もちろん家の中を見せてもらうと内装も漆喰で仕上げられていました。
漆喰は自然の調湿作用がある他、シックハウス症候群や化学物質過敏症の原因となるホルムアルデヒドなどの化学成分を吸着して分解すると言う性質があるとか。
友人の家族にはシックハウスや化学物質過敏症の人はいないけれどこれから産まれてくる子供の事を考えての健康住宅仕様での家造り・注文住宅だったそうです。
その他にも無垢のフローリング材を使ってあったりと結構こだわった家造りをしているのを見せてもらってすごくいい家だなぁと思いました。
しかも建材のアウトレット品を使っているので安く造ることができたそうです。
今はまだ自分の内は建てられないけどゆくゆくは自分も家を建てたいなぁと思ったのでした。
・・・その時実家はどうする?

コメントは受け付けていません。

子供の成長と健康

うちの子って変わってるのかなーって思う時が多々あります。
どこの家でもこれってうちの子だけか?と不安に思うことがあるとは思うんですが。
自分の子のだけに心配になりますよねー。
息子の不思議な行動なですが、まだ立つことができないんですがハイハイなりしてテーブルの下に入って足でテーブルを持ち上げようとします。
その他にもうーんってうなりながらいいながら腹筋もします。
まるで筋力トレーニングです健康なのはいいんだろうけど他の子はこんなことをするのだろうか?と。
市の福祉士の方が赤ちゃんの巡回に来た時に訪ねてみた、というか実際に見てもらったら
「私もこんなの始めてみました・・・。」
と言われました。
ってことはうちの子だけか・・・。
つけ加えて「健康そうだから良いんじゃないんですか?」と。
やはりそういう見解か。
もともと嫁さんが持病を持ってて身体が弱いので、産まれてくる子供も病弱なんじゃなよかろうかと心配していたんですが、どうやら問題なさそうだ。
今のところアレルギーとかもなさそうだし。
嫁さんの友達のお子さんはいろいろとアレルギーがあって食べ物や着るもののお素材も気をつけないといけないということらしい。
野菜も無農薬にこだわったりとか。
あと喘息とかもあって空気とか環境も。
で、その友達の家は新築でお家を建てる時に、漆喰とか米ノリとか使った人にやさしいと言われる無添加住宅っていう住宅を建てたんだって。
建てる時も不動産屋にできるだけ環境のいいところの土地を探してもらったりだとか。
子供のために色々考えなければいけないねー、親って。

コメントは受け付けていません。