床置きを撃退

リビングダイニングの片付けは、床がポイントです。床置きが増えると、片づかない→掃除しない→埃が溜まる→片づける気力がわかないという、悪循環に陥ります。無理なくしまえる収納法で片づけ、くつろげるリビングにしましょう。

キャスター付き収納ボックス
床置きは見た目の散らかりだけでなく、掃除がしにくくて困ります。散らばった物を拾い集めてから掃除に取り掛かると、気力も労力も2倍以上費やします。掃除のときだけでも散らかりを解消するために、キャスターつきの収納ボックスを用意しておき、散らかった物を拾いながら、移動させながら掃除機をかけます。フタつきのボックスなら、積み重ねができます。

棚+ボックス収納
子供の年齢や、部屋での過ごし方、床に座って食事をするなどの生活スタイルが関係し、床置きになりやすい事もあります。床置きの代表は、おもちゃ、ゲーム用品、読み物などの子供の持ち物です。読みかけの新聞や脱いだ上着など、親も床置きしていることがあります。置き去りを防ぐには、ザックリと入れるだけの収納ボックスと棚があると便利です。テーブル、ソファ、テレビ廻りなど散らかりやすい場所に置き、入れる物の種類別、持ち物の所有者別で分け、管理しやすくします。

壁フックに掛けて収納
床置きになりやすいタイミングは、帰宅したときです。カバン、買い物袋などを床にヒョイと置き、床に座る生活では、脱いだ服なども床置きになりがちです。壁掛けフックやメッシュパネルを使い、壁を定位置として用意します。買い物袋など、あとで中身を整理するという中継地点にもなります。そんな使い方を考えると、壁掛け収納は玄関や廊下など、移動する動線上に設置するのが効果的です。

コメントは受け付けていません。

リモコンニッチ

壁の厚みを利用したニッチが最近住宅に多く取り入れられています。壁を凹ませ飾り棚として利用したり、収納スペースとして利用させるだけでなく、リモコンなどを設置するリモコンニッチとしても注目されているのです。

我が家の新居には壁の厚みを利用してこれら全ての用途での用途でニッチを設けました。中でも一番気に入っているのがリモコンニッチです。LDKの中心部分の壁を利用して設けられたニッチは、大きさがあり上・中・下段と三つに分けました。その中央部分には、照明スイッチをはじめエコキュート、インターホンモニターや太陽光モニターなどを設置しています。これらは壁に直接設けると生活感を与えてしまい、壁がごちゃごちゃした印象になってしまいがちです。

これらをニッチ内に設けることでスッキリとした印象が広がりますし、生活感を感じさせにくくもなります。中段部分に設けたのは、手が届きやすいからです。上段部分にはお気に入りの雑貨を並べたり、写真を飾りインテリア性を高めました。ここに雑貨を飾ることで下のリモコン達の生活感を払拭させていることにも繋がっていると思います。

そして下段にはニッチ内にコンセントを設けて充電ステーションにしました。スマホやタブレット、ゲーム機などを充電するのに最適です。壁の厚みを利用しているためスペースに全く影響することなく、スッキリとした印象を与えてくれながらも必要なものがきちんと揃っているのでとても満足しています。壁の厚みも無駄にできないので、有効に利用できる壁を上手に利用してニッチを取り入れましょう。

コメントは受け付けていません。

家事のしやすさ

主婦にとって家事は365日休みがありあせん。また自分が高齢になった時でも続けなければならないものであるだけに家事のしやすい家にしておきましょう。家事のしやすさに大きく関わってくるのがキッチンの配置です。家事の中心的スペースでもあるだけに、このキッチンをどのような種類のものを設置するか、キッチンから視線がどこまで届くのかということに注目してみましょう。

壁付けキッチンでは、家事をしながら子どもの様子を確認するというのは難しいです。対面型のオープンキッチンにすることでリビングで過ごす子ども達の様子を把握しやすく、しっかりと把握できることで家事と育児の両立もしやすくなります。リビング延長型の和室を設けて和室にまで目が行き届くことで家事のしやすさも高まることでしょう。

そして、このキッチンとよく行き来する場所は、動線を短く、そしてスムーズに移動できるようにしておくのです。キッチンと洗面室はよく行き来を行います。キッチンで料理をしながら洗面室で入浴の事前準備を行ったりと同時に2種類の家事を行う機会も多いだけに、キッチンと洗面室を隣接させて動線をコンパクトに、そして移動しやすいようにしておくのです。

家事を行う上でどのような動線をたどるかをイメージして、無駄な動きをすることなく間取りを決めることで家事効率が大きく違ってくるのです。家事のしやすい家にして家事への不満を軽減させたいものですね。

コメントは受け付けていません。

吹き抜けのあるリビング

我が家のリビングの一部には吹き抜けを設けました。吹き抜けを設けるかどうかは非常に迷いました。メリットよりもデメリットが気になっていたからです。

吹き抜けを設けるメリットは、リビングに広さや明るさ、開放感をプラスしてくれます。吹き抜け部分の高い位置に設けられた窓から明るさをたっぷり取りこむことができますし、チェーンで開閉できる窓にしておけば風の通りも確保できます。二階にまで視線が繋がることで面積以上の広さを実感できますし、吹き抜けを通して一階と二階で会話もしやすいのです。

また互いの気配をより身近に感じることができるため家族の繋がりや一体感も大事にできます。しかし気になるのが冷暖房効率ではないでしょうか。特に暖房使用時です。暖かい空気は上昇するため吹き抜け部分に流れていってしまうのです。エアコンを入れていても足元部分がひんやりしてしまうのです。そこで、建物自体の断熱性を高めることと、熱の出入り口となる窓の断熱性を高めておくのです。そうすることで冷暖房効率を下げることもなく、むしろ一階と二階で温度差の少ない家を実現できるのです。

また、吹き抜け部分には天井ファンを設けて空気を循環させます。そうすることで吹き抜け部分に上がってくる暖気を循環させることができるのです。足元から暖めてくれる床暖房を取り入れるのもいいと思います。

音の響きやにおいの充満というデメリットもあります。会話がしやすいというメリットを感じながらも、音の響きが気になることも実際にはあります。しかし、互いの様子がそばにいなくても伝わってくる安心感が得られると思えばデメリットにも感じられません。においの充満を感じる時もあります。二階の各部屋のドアを閉めておけばさほど気になりません。デメリットへの対策をしっかりと行い、吹き抜けを取り入れて良かったと実感できる住まいにしましょう。

コメントは受け付けていません。

自然素材でつくられた住まい

我が家の新居は素材にこだわって家造りを進めてきました。素材にこだわることで室内の快適性をより高めることができますし、住まいの機能性を高め、またそこで住む人の健康もしっかりと守ることができるのです。床材、建具、柱、階段、手すりにいたるまでふんだんに地元の杉を使用しました。地元の木材を利用したことで木材利用ポイントの補助金もありお得に家造りを進めることができました。

室内が無垢材で囲まれることで、木の本来の温もりを感じられ、木目の美しさも感じられます。特に肌が直接触れることの多い床は、浮造り加工を施しました。柔らかい部分を磨きながら削ぎ落として木目を浮き上がらせたものです。見た目の美しさが高まるのはもちろん、肌触りの良さを高められるのです。年輪を凹凸で立体的にして足裏を適度に刺激します。マッサージ効果が得られるだけでなく、子ども達の偏平足防止や滑り止めにもなり、心と体を癒してくれるのです。夏でもサラサラとした肌触りですし、冬はほのかに温かみを感じられるため一年を通して裸足で過ごしたくなる住まいとなっています。

そして、壁には漆喰を用いました。漆喰は、室内の印象を暖かくしてくれ、ぬくもりを与えてくれます。それでいて耐火性や調湿機能にも優れています。夏は湿気を吸収してくれ、冬は水分を供給して湿度調整を行ってくれます。一年を通して室内を快適な空間へと導いてくれるのです。化学接着剤や化学塗料などを全く使用していないので、とても体に優しく安全な壁材とも言えるのです。自然素材で囲まれた住まいは、居心地が良く、家族の健康をしっかりと守れて安心して暮らせています。

コメントは受け付けていません。

スタディーコーナー

子どもが勉強するスペースは二階に設けた子ども部屋ではなく、家族が近くにいるリビングやダイニングです。そのため最近では子ども部屋に立派な学習机を購入するよりもリビングやダイニングの一角にスタディーコーナーを設ける家庭の方が増えています。スタディーコーナーがなければダイニングテーブルやローテーブルで勉強をしなければなりません。

食事やくつろぐスペースと勉強をするスペースが同じでは生活のメリハリも損なわれてします。そこで子どもが勉強しやすく、居心地のいいスタディーコーナーとなるようにしておきましょう。まずは空間のメリハリです。リビングやダイニングの一角に設けると、子どもが勉強をする際はテレビの音や家事の音を気にしなければなりません。そこでリビングとスタディーコーナーの境に程よい高さで区切った腰壁を設けて、気になる音や視線をカットできるようにしておくのもいいと思います。

プライベートな空間が高まり居心地の良さや勉強への集中力も高められるのです。床の高さを一段上げてスキップフロアにするのもいいでしょう。空間のメリハリをつけることで生活のメリハリも生まれてきます。勉強道具やランドセルを一時置きできるスペースをカウンター下や上部に設けておくと、勉強をしない時でもカウンターの上をスッキリと片付けられ生活感を感じさせません。リビングやダイニングの一角に設けるので、このような配慮があるといいと思います。

このような収納スペースがあることで、子どもが成長してスタディーコーナーとして使わなくなった時もママの裁縫スペースやパソコンスペースとしても利用しやすいです。きちんと必要なものを収納できることで用途の幅を広げてくれます。このようなスタディーコーナーを設けてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

リビング収納

リビングは家族みんなが長時間過ごす空間ですし、またリビングでは子どもがおもちゃで遊んだり、勉強をしたり、ママが洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりと家事を行うこともあります。テレビを見てくつろぐスペースでありながらも、様々なことをして過ごすためものが集まってきやすい場所でもあるのです。そんなリビングこそ収納を充実させるべきなのです。

そこで我が家はリビングのテレビ台の背面を利用してウォークイン型のリビング収納を設けました。壁には天井まで無駄にしないように大きな棚を造り付けました。収納するものに合わせて棚の高さを調整できるためデッドスペースを生みにくいのです。子ども達のおもちゃや絵本、これから増えていく教材などは自分達で手の届く位置に収納しています。もちろんランドセルや幼稚園カバン、帽子などもロッカーのようにきちんと収納できています。

私が使うアイロンやアイロン台、裁縫道具なども収納していますし、大きさのある掃除機もスッポリ収まっています。リビングから見えない収納スペースなので目に触れると生活感を感じる日用品までしっかり収納できるので重宝しています。棚の一部分には上下二段に分けてポールを設け、コートクロークとして利用しています。リビングに脱ぎっぱなしになりがちな上着を一時置きすることができ、来客時にも役立っているのです。このような収納力に優れたリビング収納があることで、急な来客時でもサッとものを片付けられるのでママは助かるのです。リビングこそ収納に力を入れましょう。

コメントは受け付けていません。

寝室の照明器具

大人のプライベートルームというのは、寝室として使うことが多いのですが、夫婦のくつろぎスペースとして、使うことも多いです。ただ、LDKでは、ソファーや椅子などに座って、くつろぐということがほとんどなのに対して、寝室では、寝た状態で、くつろぐことが多いです。

その態勢で、照明の明かりが眩しくないように考えないといけません。照明の明るさだけでなく、照明器具の設置場所も考慮に入れないと、照明の光が直接目に入ってきて、入眠の妨げになってしまいます。

私の友人が住まいを新築した時、大人のプライベートルームには、憧れの真鍮製のシャンデリアを付けました。シックな壁紙とアンティークな照明が合っていて、とても素敵な雰囲気になりました。大満足だったのですが、実際に生活をすると、不都合が生じてしまいました。彼女たち夫婦は、フルタイムで働いていますし、まだ育児中ですから、寝室でくつろぐのは、入眠までの限られた時間です。そのため、できれば、照明の光を少し落として、ゆったりとくつろぎたいと思うのですが、シャンデリアの光を消してしまうと、暗くなりすぎますし、つけたままでは明るすぎる上に、寝た位置から直接、光源が見えてしまい、かなり眩しく感じられます。

最近は、調光できるシーリングライトもありますし、乳白色のカバーを設置したダウンライトもあるそうです。少なくとも、寝た状態でも、眩しくないように、工夫しないと、だんだん目が冴えて、入眠の妨げとなってしまいます。確かに、照明というのは、その部屋の雰囲気を作り上げていく時に重要なアイテムになります。気に入った照明を付けることで、満足度が上がります。しかし、寝室ということを考慮して、照明器具を選ばないといけませんし、設置場所も考えないといけないと反省しました。

コメントは受け付けていません。

我が家のカップボード

キッチンには欠かせないカップボード。我が家はこのカップボードを造りつけました。カップボードを造りつけたことで、キッチンスペースを最大限に利用できることで、収納力をアップさせることができましたし、空間に凹凸感がないのでスッキリとまとまりのある印象を得られます。

このカップボードは天井近くにまで広がり、横幅は扉三枚分あります。この扉一枚分はキッチンパントリーとして利用しています。レトルト食品や乾物、お菓子にジューズなど食材をストックしておいたり、キッチン雑貨をここに整理しています。可動棚になっているので収納する物に合わせて棚の高さを自由にアレンジできるのです。

そしてこの隣の扉一枚分には、食器類を並べています。普段使いするものからお客様用のものまでこの一面に整理しているのでお皿選びがしやすくなりました。そしてその隣にはキッチン家電を収納しています。毎日使用する電子レンジや炊飯器は一番手の届きやすい位置に設置し、ホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーなど他のキッチン家電も大きさや使用頻度に合わせて上段や下段を利用し収納しています。

キッチンで必要なものがこのカップボード内にきちんと収められているので家事の効率も高まりました。そしてキッチンを使用していない時や、来客時には中に収納している物が見えないようにすりガラスの扉で全てを隠すことができます。すりガラスの扉なので中に収納しているものはしっかりと隠しながらも、キッチンに明るさをしっかり通してくれるのでスッキリとした印象になるのです。生活感を感じさせないスタイリッシュなキッチンになるので大変気に入っています。

コメントは受け付けていません。

家事室

最近では家事を専用で行うスペースを設ける家庭も少なくありません。私の友人宅にはウォークスルー洗面クローゼットが設けられており、そこには天井に吊るした室内干しが完備されていますし、クローゼットの向かいにはカウンターが設けられており、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをするのに最適なスペースとなっていました。この家事を専用で行うスペースは、家事動線で一番重要な二つの空間を繋ぐ形で設けられることが多いです。

それはキッチンと洗面室の間です。家事を行う上で一番行き来をするのがキッチンと洗面室です。この二つの空間を家事室で繋ぐことで家事効率を高め、家事の時短が可能となるのです。家事室では洗濯物を洗う・干す・たたむ・しまうという一連の作業を一か所で行うことができる空間なのです。

洗濯物を屋外に干すことができない日は意外と多いです。毎日行う家事でもある洗濯を円滑に行うには室内干しは欠かせません。家事室にカウンターを設けておくと、洗濯物をたたんだり、アイロンがけだけでなく、家計簿を付けたり、裁縫をしたりと違う家事も行うことができます。一人で家事を集中して行うにはこのような空間があると便利なのです。そして、たたんだ洗濯物を移動することなくその場でしまえるように、ファミリークローゼットを設けておくのです。たたんだ洗濯物をクローゼットにしまうという作業が面倒と感じる主婦は意外と多いです。家族の衣類やタオル類、下着など全て一か所で管理することで格段に家事が楽になるのです。家事への不満をなくすには家事室があるといいのかもしれません。

コメントは受け付けていません。